2012年6月26日火曜日

【南】韓国放送公社社歌(旧)

きょう紹介するのは、韓国の公共放送であるKBS(韓国放送公社)の社歌です。といっても、2011年に社歌が変わったので、これは旧社歌ということになります。
韓国放送公社社歌 歌詞日本語訳
明けゆく朝焼けの 肥沃な山河
五千万全民族の 祝福された新しい村
文化的な新しい暮らし 育んでゆく
ああ 力強い行進を 先駆けてゆこう
繁栄の導き手 ケイビーエス
KBS KBS 民族の放送

半万年 健やかに 受け継いできた血筋
至誠を集めて成す あすの栄光
勤勉に 未来の夢 花開かせてゆく
ああ 青雲の志 とわに輝かそう
繁栄の導き手 ケイビーエス
KBS KBS 民族の放送

五大洋六大陸の 親しき友ら
手を携えて守りゆく 自由と平和
充実した新しいニュース ふくらんでゆく
ああ あふれる喜び 広げてゆこう
繁栄の導き手 ケイビーエス
KBS KBS 民族の放送
밝아온다 동녘의 기름진 강산
오천만 온겨레의 복된 새마을
슬기로운 새살림 가꾸어 가는
아 힘찬 행진에 앞장서 가자
번영의 길잡이 케이비에스
KBS KBS 민족의 방송

반만년 고이고이 이어온 핏줄
정성 모아 자라는 내일의 영광
알뜰히 새날의 꿈 꽃피어가는
아 푸르른 마음 길이 빛내자
번영의 길잡이 케이비에스
KBS KBS 민족의 방송

오대양 육대주의 정다운 벗들
손잡고 지켜가는 자유와 평화
보람스런 새소식 부풀어가는
아 벅찬 기쁨을 널리 펼치자
번영의 길잡이 케이비에스
KBS KBS 민족의 방송
■解説
韓国放送公社(KBS)の旧社歌。社歌はラジオ放送のオープニングに際して流されるほか、会社の式典などでも歌われるようです。

韓国放送公社が創立されたのは朴正煕政権時代の1973年。維新体制が成立した翌年のことです。はっきりしたことはわかりませんが、この社歌もおそらく公社が創立された際に作られたのではないかと思います。歌詞には「新しい村(セマウル)」「繁栄の導き手」「至誠」「勤勉」「自由と平和」といった表現が並び、いかにも朴正煕時代といった雰囲気。人々を“啓蒙”する“社会の木鐸”としてのKBSの側面が強調されているように思われます。

KBSは2011年に新しい社歌を公募し、その結果として新しい社歌が制定されました。旧社歌の歌詞が時代にそぐわなくなったというのはわかりますが、新社歌は正直言ってあんまり格好良くないので残念だなーと思います。まあ、軍歌とか社歌とかのたぐいは音楽作品である以前に何らかの目的を帯びた道具として制定されるものなので、その目的が変われば変更されてしまうのも仕方ないことですね。


■楽譜


■音源




これの1:15あたりから

2012年6月8日金曜日

将軍様は名射手、われらは命中弾

将軍様は名射手、われらは命中弾」(1995年創作、ウ・ジョンヒ作曲)
将軍様は名射手、われらは命中弾 歌詞日本語訳
将軍様は名射手 われらは命中弾
装填状態の瞬間に 兵士は生きている
滅敵の引き金 引かれれば
一発で目標を 木っ端微塵に
ララララララララ ラララララ
将軍様は名射手 われらは命中弾

百発百中の名射手 われらの将軍様
帝国主義の牙城に 狙いを定められる
滅敵の引き金 引かれれば
敵の牙城を 木っ端微塵に
ララララララララ ラララララ
将軍様は名射手 われらは命中弾

将軍様が照準器で 見通していらっしゃる
祖国統一の目標は 目の前に迫る
勝利の引き金 引かれれば
統一の祝砲として 火を噴くだろう
ララララララララ ラララララ
将軍様は名射手 われらは命中弾
장군님은 명사수 우린 명중탄
격동상태 순간에 병사는 산다
멸적의 방아쇠 당기신다면
단방에 목표를 박살 내리라
랄랄랄 랄랄 랄랄라 랄 랄랄 랄랄랄
장군님은 명사수 우린 명중탄

백발백중 명사수 우리 장군님
제국주의 아성을 겨냥하신다
멸적의 방아쇠 당기신다면
원쑤의 아성을 박살 내리라
랄랄랄 랄랄 랄랄라 랄 랄랄 랄랄라
장군님은 명사수 우린 명중탄

장군님 조문으로 내다보시는
조국통일 목표는 눈앞에 있다
승리의 방아쇠 당기신다면
통일의 축포로 터져오르리
랄랄랄 랄랄 랄랄라 랄 랄랄 랄랄라
장군님은 명사수 우린 명중탄
■音源
こちらです。


2012年6月7日木曜日

忠誠の歌

全人民的頌歌「忠誠の歌
忠誠の歌 歌詞日本語訳
長白の険しき山脈 吹雪を衝いて
革命の数万里を 歩んでこられた
わが国を取り戻してくださった 偉大な首領様に
人民は一途な真心で 忠誠を誓う

夜露にぬれつつ 農場を訪ねられ
雪降る夜明けに 工場を訪ねられる
計り知れないその恩は 万代とわに輝く
人民は心から 忠誠を歌う

三千里わが祖国に 陽光は燦爛として
幸福のうたごえ 満ちあふれる
統一された山河で 人民は代を継いで
偉大な首領様を仰ぎ 千年万年生きてゆかん
장백의 험한 산발 눈보라 헤치시고
혁명의 수만리 길 걸어 오셨네
내 조국 찾아주신 위대한 수령님께
인민들은 일편단심 충성을 맹세하네

찬이슬 맞으시며 농장을 찾으시고
눈 오는 이른 새벽 공장을 찾으시네
크나큰 그 은덕은 만대에 길이 빛나리
인민들은 심장으로 충성을 노래하네

삼천리 내 조국에 해빛은 찬란하고
행복의 노래소리 넘쳐 흐르네
통일된 강산에서 인민들은 대를 이어
위대하신 수령님 모시고 천만년 살아 가리
■解説
金正日総書記が作った「全人民的頌歌」。『音楽世界』第49号の記事を見る限りでは、金正日総書記が1969年11月に歌詞を作曲家たちに提示したこと、そして金日成主席の生誕60周年慶祝公演舞台で初めて歌われたことがわかりますが、作曲者が誰なのかはわかりません。



■動画




 
(^q^)